沖縄 離島 アクティビティ 冬

家族で冬の沖縄旅行に行く方必見!一年中子連れで楽しめる屋内プールや温水プール付きのホテルをピックアップ!ウォータースライダーやキッズプールなど、おすすめポイントとともにご紹介します。 今日本だけでなく世界で人気を集めている石垣島。そんな"南国のリゾート"石垣島はどうしても夏の観光地のイメージがありますが、実は冬ならではの楽しみ方があり、石垣島は由布でも楽しめるんです。今回は冬に石垣島旅行に行くべき8つの理由をご紹介! 魅惑の沖縄は夏だけじゃない!旅行代金も安いローシーズンの沖縄は、本州よりも過ごしやすく、快適な観光をしたい方にピッタリ。観光も遊びも楽しみたいなら、冬の沖縄だからこそ楽しめる、冬のアクティビティを体験してみてはいかがでしょうか。 2019/08/20 - Pinterest で ケイコ さんのボード「制作アイデア」を見てみましょう。。「子供向けクラフト, キッズクラフト, 幼稚園の工作」のアイデアをもっと見てみましょう。 沖縄の離島・西表島は毎年大人気の観光スポットです。有名ローカル番組のロケ地としても知られており、多くの観光客が訪れています。今回は西表島の魅力を徹底調査しました。人気の観光スポットやおいしいグルメ、おすすめのアクティビティもご紹介します。 2月でも暖かい沖縄でシュノーケリングを楽しみませんか?夏よりも冬の方が海の透明度が高いため、実はシュノーケリングをするのにおすすめのシーズンなんです。今回は冬でも楽しめる沖縄のシュノーケリングツアーを紹介します! 家族で冬の沖縄旅行に行く方必見!一年中子連れで楽しめる屋内プールや温水プール付きのホテルをピックアップ!ウォータースライダーやキッズプールなど、おすすめポイントとともにご紹介します。 魅惑の沖縄は夏だけじゃない!旅行代金も安いローシーズンの沖縄は、本州よりも過ごしやすく、快適な観光をしたい方にピッタリ。観光も遊びも楽しみたいなら、冬の沖縄だからこそ楽しめる、冬のアクティビティを体験してみてはいかがでしょうか。 沖縄本島から約400km、日本の最南西にある島々で構成される「八重山諸島」の中心的な島が石垣島です。東京や大阪からの直行便もあり、ほどよく栄えた街並みと、昔ながらの自然が同居する島です。 石垣島のフェリーターミナルからは八重山諸島の離島へも行けるので、島巡りの拠点としてGOOD!石垣港からすぐのところにはバスターミナルもあり、レンタカーでもバスでも観光を楽しめます。 もちろん、路線によっては2~3 … Разработка и производство систем для разъемного соединения электрических цепей, для надежной передачи питания, сигналов и данных → odu из г. Мюльдорф-ам-Инн 冬の沖縄 楽しみ方ガイド ... 沖縄; 離島; 石垣島; アクティビティ; 海・ビーチ ; シェア; ツイート; 送る 「たびらい」とは? ”ローカル旅行”の楽しみ方を見つけて、比べて、予約できる旅行サイトです。 たびらいの予約サービスが人気の理由⇒ 今すぐ予約!! 沖縄の離島はたくさんありますが、その中でも「竹富島」は人気のある観光スポットです。沖縄の離島として人気のある竹富島では、多くの観光スポットやグルメなどを楽しむことができます。これから竹富島での観光を楽しむために、おすすめのスポットを紹介していきます。 冬の沖縄で何する?考える必要はありません。冬の沖縄は本州と比較して気温も高く過ごしやすい気候となっています。冬のアクティビティから見どころの多い観光地など多くの見どころがある冬の沖縄県!冬の楽しみ方を紹介していきましょう。 また、那覇から慶良間諸島海域では、毎年1〜3月に繁殖活動のためにザトウクジラがやってきます。クジラの姿を間近で見ることができるホエールウォッチングのツアーが人気です。, 沖縄北谷町でダイビングと宿泊が出来るショップ。沖縄本島での体験ダイビングを通年開催しています。少人数制で専属スタッフが対応するので、初めての人でも安心。水中での餌付けや、バブルリングも無料です。, 一年を通して楽しめるパラセーリングと冬季のホエールウォッチングが楽しめます。冬季限定でパラセーリングとホエールウォッチングがセットになったオプショナルツアーもあります。, 冬の沖縄観光でも、本島なら観光スポットに困ることはありません。インドアレジャーの施設がたくさんあり、飽きさせません。天候や気温に左右されないので、実に快適。混雑度もそれなりなので、ハイシーズンに比べてゆっくりと体験できることもポイントです。, 昭和50年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」を記念して整備された公園。巨大水槽にジンベエザメが遊泳する「沖縄美ら海水族館」をはじめ、太平洋地域の海洋民族の歴史や文化を紹介する「海洋文化館」、満点の星空が美しい「プラネタリウム」、2,000株以上のランを展示する」熱帯ドリームセンター」などさまざまな屋内施設があります。, 30万年の地球の歴史が作り上げた鍾乳洞「玉泉洞」をはじめ、見どころ満載のスポット。玉泉洞は国内最大級の規模を誇る鍾乳洞で、100万本以上の鍾乳石が圧巻。エキゾチックな雰囲気を醸し出します。他にも、琉球の古い町並みが再現された「琉球王国城下町」、ハブのショーが楽しめる「ハブ博物公園」、琉球太鼓のアトラクションなど、見どころ満載です。機織りや紙すきなど各種手作り体験もあります。, 冬の沖縄のインドアレジャーの中でも、沖縄の文化に触れられる体験教室はとても盛んです。三線や琉装、沖縄料理、やちむん、シーサー、琉球ガラス、紅型、アクセサリーなど、さまざまな体験が用意されています。オリジナルの作品は、沖縄の思い出が詰まった自分へのおみやげになることでしょう。, 沖縄の伝統文化に気軽に触れることができるテーマパーク。ここでは、琉球衣装の貸し出しや織物、藍染、陶芸絵付けなど、さまざまな体験ができます。 沖縄現地出発のオプショナルツアー専門予約サイトveltra(ベルトラ)。人気のシュノーケルやマリンスポーツ、慶良間諸島や青の洞窟、美ら海水族館、石垣島、竹富島、西表島、小浜島、宮古島、久米島のアクティビティを豊富な体験談でご紹介!最低価格で24時間オンライン予約可能。 - 2011/12/14, 子連れで行ったサイパンからはや1年。そろそろ旅立ちたい症候群にかられたが、4月のディズニーランド旅行まで禁止されていた。ショボン・・ところが、旦那の会社の福利厚生がJTBさんのえらべる倶楽部だということを思い出し、さっそく問い合わせ。年間30000ポイントを支給されるらしく、イコール30000円引き!!!ひゃぁーー!!これはどこぞに行くしかない!と、記念日だし、誕生日だしとありとあらゆるこじをこじつけなんとかOKサイン!!当初の予定は白浜でしたが、最後の最後でJTBさんで沖縄の安いプランを発見。土壇場で沖縄行きが決定したのでした。とはいえ、冬だぞ??寒いぞ??泳げないぞ??てか観光嫌いだぞ??の私ですから楽しめるか微妙だったのすが、季節感関係なしにしたいことしてきました!笑。正直沖縄行くならグアム行く!がモットーなのですが、今回の沖縄旅行ではたしてそのモットーがひっくりかえるのか??結果は最後に”ご期待を!笑。※旅行記を分けて書くのが嫌いな為写真が多くなりますが見ていただければ幸いです, 関空発9時30分便です。ここ数年の旅行は深夜発が続いてたので朝の空港は久々です。ただ朝早く家をでるのが子連れにはきつい・・・。空港内は静かです。, ANAです。3席つづが2列です。あまり込み合ってなかった為3席目に他人様がのってこなくて一安心です。, これぞ朝便の特権ですね。素敵な景色。まるでウユニ塩湖のようです。あぁ・・・本物のウユニに行けるのは何年先になるやら・・, 出ました。我が家の家宝。ひなた様です。グアムに行ったときはおなかの中で5ヶ月。サイパンに行ったときは11ヶ月。そして今回1歳10ヶ月になりました。ジュースを飲んだり、おもちゃをもらったり上機嫌。離陸時の轟音もなんのその楽しんでらっしゃいました。, 2時間ちょいで到着です。しかしながら飛行機の座席が後ろ側だった為に少々私は乗り物酔い・・この後レンタカー会社まで10分。さらにホテルまで1時間と思ったよりこの移動が疲れました。※レンタカーはオリックスレンタカー。JTBのプランで4日で1万でした。特典でガソリン満タン返し不要の特典をチョイスしましたが、燃費がいいので全然減らなかったです。写真を撮り忘れましたが、マーチでした。アイストップがついていました。, さぁ、楽しませてくれよ。沖縄さんよー!!では恩納村にむけてGO!!1時間くらいで到着。すぐでしたよ。, ホテルに到着しました。今回もし寒かったり雨だったりしてもホテル内で遊べるようにとリゾートホテルのルネッサンスをチョイス。ホテル全体が子連れ向きのファミリーホテル。一応ハイクラスです。それゆえに子連れ以外の方にはあまり向かないホテルです。詳しくはホテルクチコミにも書いておきますね。, 今はテラス工事の最中だそうで、本来3,4泊しないと受けれないサービスがたった2泊するだけで受けれるというモニタープランがあります。私達もそのサービスに惹かれこのホテルに決めました。そのサービスとはクラブサビーというもので。朝食はもちろん、ランチも無料。なによりすごいのはホテル内で実施しているマリンアクティビティが無料でできます!(一部対象外、回数制限あり)他社のツアーで申し込んだら1万はかかる体験ダイビングも無料です!これだけで元はとれるんじゃないかしら??また温泉にクラブラウンジもつかえるとまさにホテル内だけで遊べます。※ちなみにテラス工事とはいえまったく騒音がしなかったです。工事している部屋にはあたりません。あたってしまうプランもあるようですね。夏のオンシーズンに比べありえないお値段で宿泊できました。穴場です。冬の沖縄。, 本来は14時チェックインなのですが、早めについても大丈夫です。というのもチェックイン当日からランチ無料の特典は使えますのでランチが終わる15時までなら早めにチェックインしたほうがお得なんです。さっそくランチへ。和食かバイキングか選べますが、まずはバイキングへ。ここのすごいところが朝食、ランチ共にレストランが選べます。今は冬期なので和食かバイキングの2ヶ所ですが、夏なら1ヶ所ほど選択肢が増えます。そして出入り自由です。バイキングでパンだけ食べ、和食を食べに行く。もしくは和食を食べ、バイキングへデザートだけ食べに行くといったはしごができるわけですね。, ではここでバイキング会場である「セイルズフィッシュカフェ」さんのレポを辛口で。先に申し上げておきますが、私はこのホテルを総合的に評価しています。が、唯一ここのレストランだけがひっかかった場所でした。このレストランというかホテル全体の悪いクチコミは覚悟の上で行きました。●子供が騒がしい。ちっとも落ち着けない●レストランでもお風呂でもマナーのなっていない親もいて不快などなど。子連れには気兼ねなくいれると思っている空間も子連れ以外の方には不快でしかないんだなーと感じました。私は子連れでしたが、その悪評は充分このレストランだけで感じることができました。まずホテルなのに席までの案内が適当。地元の定食屋か?宿泊者以外やサビー会員以外(要は有料のお客様)も来るであろうに、どの客が会計かかるとか把握できているのかしら?と疑問に思うずさんな案内。そして料理。とにかく汚い。取り分けるトングはベタベタ。リゾットのしゃもじもご飯がべったり。水でふやけ浮いている。そいて特に美味しくもなく。有料で食べにきたらがっくりするだろうなといったレベル。また周りの席を見渡してもお皿をさげてない。ほかの家族が食い散らかした席に囲まれ食べる。ホテルならお客が帰ったらすぐに食器をさげる。トングやしゃもじは清潔に保っておく。それほど混んでいないのにこれじゃダメですよ。イオンの中のバイキングでさえもう少し綺麗よー。仮にもハイクラスホテルなんでしょ??と私不満たらたら。笑。, 食事が美味しくないのでデザートへ。唯一気に入ったのがアイス食べ放題。しかもチョコミントがあるではないか!!!チョコミント大好物の私には至福ですね。, しかししかし!!!このアイスの台が低い!おちびな私はかなり背中をまげて手を精一杯のばしようやくほじくれる。そんな格好で必死にアイスほじってる姿はさぞみすぼらしいって感じです。一応踏み台もありますが、それこそそんな所から背中をまるめて取ると....スカートの中身大サービス状態ですね。とてもとりにくいので男性にしてもらうのがいいかと思います。, では!気を取り直してホテル紹介をちょこっと。レストランでは辛口評価でしたが、ホテルじたいはいいんです。ロビーは吹き抜けでツリーがどーん!!と素敵です。冬はお客も少ない為ロビーも静かです。ピアノの生演奏をしていたりと夜になればまたムーディーになるので大人の方にもオススメですね。, このおうむちゃんの鳴き声がうるさいんです。「ォギャオウス!!」といった泣き声が吹き抜けのため部屋前まで響き渡るんです(笑)でもそれが慣れればルネッサンスの音として自然になじみます。今もきっとこのオウムの鳴き声を聞くとルネッサンスの思い出がよみがえってくることでしょう。, お部屋は611でした。前もってプライベートビーチ側をリクエストしていたので(ホテルの回答は約束は出来ないが希望は聞いておくといったもので確約はしてくれないですよー)違う側だと干潮になった海を見ないといけないみたいなので。, そうそう!!この景色ですよ。ほかの方の旅行記でもたくさん見ましたね。天気はあいにく雨のちくもりだったのですが、それでも沖縄の海は綺麗ですね。やはりオーシャンビューははずせません!!, 洗面所です。メイク台もあり広々しています。このすぐ横がお風呂ですが、温泉を使用したためあまり使わず・・・。お風呂上りも脱衣所が別なので広々できるのがいい点ですね。, ミニバーの中身。結構ぎっしりつまってます。旦那が無料だと思いプリッツに手をつけました。小学生か・・・!!(うちの旦那は超天然のもの知らず), 肝心の部屋の写真をあまり撮ってなかったです。バルコニーから見た部屋。よく見るツイン部屋に比べベットの向きが窓側を向いています。見て分かるように十分広々しています。とても使い勝手のよい部屋でした。, バルコニーです。この写真だけ見たらグアムかサイパンのようですね。ただ寒いのであまり有効活用せず。, ではさっそくマリンアクティビティに行ってきます!!このクラブサビー特典の無料アクティビティですがすべて現地予約です。そして夏のオンシーズンなんかは予約がとれないことが多々あり全て制覇できると意気込めばがっくりするかもしれません。まずチェックインしたらすぐに予約カウンターに向かい最終日までの予約をいれてしまいましょう。ちなみに冬は充分空きがありました。夏はすごい混むみたい。天候にも左右されますので、残念ながらこの日はダイビングやらはすべて中止。ジェットスキーはしているのでさっそくします!!, ここがホテルのビーチです。パラソルがさびしげですね笑。今日は寒いのと風が強いので、海で遊んでるアクティブ派は私達くらいでした笑。お子さんと貝ひろいをしている家族もみかけました。, そしてパパが先にジェットスキーへ。ひな様とママはその間は砂遊び。子連れでも交代にのれるのでいいですね。, お次は私も!!!アクティビティ大好きな私なのでケラケラ笑っていました。いけると思われたのかふりまわされたりととてもエキサイティング!!!!, そしてひな様をお昼寝さした後は夕食を食べにいきます。ホテル前の車。結婚式で使うそう。ひな様は最近私の趣味でメンズファッションをわざと着せていますがれっきとしたレィディちゃんなのであしからず・・・笑。, やってきました。今夜予約してあったお店は「富着58番地」です。ホテルの近くの民謡居酒屋を検索したら「うら庭」などが出てきましたが、うら庭さんは活気がありすぎる感じがしたのでこちらにお邪魔。お客さんが少なかったので盛り上がりにはかけましたが、年配のお客様が多くひな様によくしてもらったり、盛り上がる!よりかは落ち着いてBGM程度に聞けたので良かったです。, 品数は多くないです。まずは58番地サラダとじーまみー。このサラダ紅芋チップが入っていてとても美味しかったです。, これが一番美味しかった。じゃがいもとチーズのポーポー焼きだっけかな??正直このお店味はイマイチでした。でももともと味より民謡の雰囲気を味わいに行ってるので不満はありません。ビギナーの観光客には行きやすい店ですよ。, ひな様は踊りが得意。腰を落とした独特のダンスをするのです。こうやって夢中になってくれれば食べやすい、飲みやすいで助かります。民謡は30分ステージが19時だい、20時だい、21時だいとあります。男性の歌い手です。盛り上がり系よりかは普通の民謡が多かったです。三線の花は好きな歌なので聴けてよかったです。涙そうそうも歌っていました。, 最後にようやくカチャーシーで踊れるノリノリ民謡が!!スタッフさんがお客さんを誘って円をかくように踊ります。ひな様もお兄さんに連れられ参加!, ホテルまでは代行運転を使って帰りました。沖縄では電車がないぶん代行運転が主流だそうで、居酒屋さんに言えばたいていは呼んでもらえます。往復タクシーで行くよりも行きは運転、帰りは代行のほうが安いです。ちなみに1000円で帰れました。ロビーはすっかり夜の顔。大人も楽しめるムーディーなバーもありました。, 一日の疲れは温泉で癒しましょう。リゾートホテルで温泉はありがたいー。広くはないですが、パウダールームもあり必要なものはあるので手ぶらでOKってくらい揃ってます。ロッカールームも清潔で良かったです。そして温泉の横にサビーラウンジがあります。ここはドリンクがあるちょっとしたくつろぎスペースなんですが、たいがいの子連れ家族はお風呂上りに利用することが多いです。, 健康ドリンクが揃っており、ゴーヤジュースは結構キツイです笑。ソファーもありゆったり風呂上りで癒されます。, 窓際の席でイルミを見ながらいただくのもいいですね。家族連れ以外の皆さんはPCをしている方がほとんどですので子連れさんはお静かに・・・, おはようございます!!2日目です。今日もくもり。雨もぱらぱら・・・今日は9時 体験ダイビング11時 はりゅう船クルーズ14時 シーウオーク16時 サンセットクルーズとアクティビティ三昧の一日。決行するのか???, では朝ごはんに。昨日バイキングには懲りたので和食のほうに行きたかったのですが、残念ながら月曜日は定休日なので昨日と同じレストランへ。ところが!!昨日とは違いきちんと席への案内があり、比較的綺麗に保たれております。和食、洋食と一通り定番メニューが揃っています。特筆すべきは写真の2品ですね。オムレツは目の前で好きな具でシェフが焼いてくれます。美味しかったので2つも注文しちゃいました。スパムとチーズ&トマトで作ってもらいました!あと搾りたてジュースは自分でオレンジを機械でしぼります。コップ1杯作るのに贅沢に4切れほどを使い100パーセントのジュースが出来上がり。朝ごはんは美味しくいただきました。よかったです。, パパは9時からのダイビングへと向かいました。少々の雨でも決行するみたいです。その間ひな様としばしホテル散策。こういったソファー席が多くありくつろげます。, イルカを飼っていることでも有名なホテルです。が、あまり見えない生簀にいるので見ないまま終わる方も多いはず。イルカプログラムはクラブサビー会員でも無料にはなりません。そしてなかなかいいお値段がします。白浜アドベンチャーワールドで充分なので今回は却下。, 期間限定のイベントおかしの国とやらに行きます。子供は無料ですが、大人は1000円かかります。保護者としてついて行くならお金はかかりませんが、食べれません。, 部屋の中に手作り感あふれるお城や海賊船などがあり、子供用の机とそしてお菓子があります。チョコフォンデュがあるので小学生くらいのお子様は喜ぶでしょうが、ほかのケーキとかはバイキングのデザートレベルで大人が1000円払ってまで食べる感じじゃありません。特に遊ぶところもないので少し見て帰るって感じですね。気になるのがここの営業時間が朝の11時までと夜の19時くらいから21時まで。要は朝食、夕食と時間がかぶってるので利用しにくいです。普通15時とかにあいていてくれたらおやつタイムに有効活用できるのに惜しいなぁ・・・と感じました。が、こういったイベントを随時してるところはさすがファミリーリゾートホテルって感じで好印象です。, 9時からダイビングだった旦那は休憩するまもなくそのまま合流。はりゅう船に乗ります。雨がパラパラ、波も荒れていますが決行だそうで。ひな様にとってはお魚なんぞ見る余裕はなしです。パパに抱きしめられ動きません。ほかのベビちゃん連れも同じ感じでした。でも海の中はとても綺麗なんですよー。晴れてたら良かったのにね。ちと失敗。, すっかりはりゅう船で不機嫌なひな様の機嫌をとるべく室内プールへ移動。ここの室内プールは子供向けです。ほかにも数人のお子さんが遊んでいました。雨の日はこういった施設はありがたいですね。ロッカールームもシャワー完備で綺麗です。プールサイドにイスもありますから家族全員で楽しめます。室内はとても暖かいので安心です。, プール後ひな様とパパはいったんお昼寝タイムに。その間に私はシーウオークへ。ホテルのビーチでするのでお昼寝タイムも有効活用できるのがいいですね!雨と曇り空で期待していなかったのに海の中は別世界!!とても綺麗でした。海中のほうがあったかいよ!ホテルのビーチでも充分クオリティ高いシーウオークです。これも無料なんでお得ですよね。海中にはこのシーズンだけツリーが出没します。, さて本日のアクティビティも残すところサンセットクルーズだけになりましたが、さすがに今日は綺麗な夕日は拝めないだろう、そして波が荒れてるのではりゅう船の二の舞になるような気がしてキャンセルしました。夕食まで時間があいたので近場のお菓子御殿に行きます。ここは紅芋タルトの元祖です。, 製造工程が見れます。ここはツアーとかレンタカー会社からもらえるちょっとしたクーポン冊子に載っている確立が高いのでクーポンのチェックを。出来立てタルト3つとちんすこう3つゲットできましたよ。, 併設のカフェでさっそく紅イモ三昧。紅イモショコラ紅イモモンブラン紅イモムースです。ひとつ300円ほど。しかしここは試食もたくさん出来るのでわざわざケーキを食べなくても良かった気がします笑。帰る頃には紅イモもういいわ!というくらいお腹中が紅イモでした。, 夕食はホテル内にある海風(うみかじ)さんに予約。基本旅行先ではホテル内のレストランはコスパが悪いので行かない派ですが、決め手は水槽が店内にあること。ホテル内にしてはお値段がそこまで高くないという点で決めました。結果としてホテル内で夕食がすむのは子連れにはとても便利だということ。これからの旅行もホテル内夕食になってしまいそうな予感。うみかじさんはルネッサンスのシンボル的なこちらの建物の中にあります。晴れていたら砂浜のイルモネーションを眺めながら歩き、桟橋のライトアップされた雰囲気に酔いしれそして店内へ・・・というとてもムードタップリなのだが雨&風で濡れながらの到着・・・・笑。ごめんなさい。雨女で・・・。, 店内は間接照明で雰囲気たっぷり。前もって水槽前を予約しておきました。(時間交代制ですが、混んでなかったのでゆっくり出来ました)水槽はカラプルな熱帯魚!ではなくおすし屋さんの前においてあるような感じの水槽で少し暗い感じですね。それでも雰囲気は充分にあります。, いろいろ頼みましたが、特に美味!て味はなく。まぁここも昨夜の58番地同様に雰囲気を楽しみにきてるのでお味にはケチつけません。お姉さんが動いてるイセエビなどを売りにやってきます。私はイセエビ4000円をチョイスしたかったのですが旦那がそれよりしゃこ貝800円が食べたいと・・・安上がりな旦那で助かります笑。ちなみに豚セットは近所のスーパーの豚のほうが美味しいで!といったレベルでした。まぁホテルクオリティってことで。, ごちそうさまでした。家族みんなではいちーず。いい感じの笑顔のひな様。年賀状これでいいかな?笑。, 夜のルネッサンスも素敵です。この後パパはジム&温泉へ。ママとひなたは先におやすみなさーい。, おはようございます。3日目の朝です。今日でこことはお別れです。今日はメインの青の洞窟に行った後那覇入りします。恩納村ともお別れです。あいかわらずくもり。青の洞窟はここ最近ずっとCLOSEだそうで・・・どうなることやら・・・, 朝食は和食をチョイスしました。雰囲気も静かで良かったです。物足りず旦那はバイキングのほうへ行ってしまう。ではチェックアウトします。ルネッサンスさんはファミリーにはとてもいいホテル。敷地内で遊べるのがとてもよかったです。ただサビー会員じゃないと満足は出来ないかも???でも夏場だともっと楽しいんだろうな・・・でも混んでるのか・・・次回もきっとルネッサンスさんを選びますね。, さぁでは青の洞窟へいざ!!今回お世話になったのはナチュラルブルーさん。夫婦で経営されているアットホームなところです。託児付きなのでひな様はしばし待機。保育士資格のある奥さんが見てくれるので安心ですね。ただそろそろ産休に入るそうで託児サービスは一時ストップみたいです。ひな様はめるちゃんを見つけご機嫌だそうで・・後にぐっすり昼寝とお世話かけなかったようです。, 今日は運良く青の洞窟は閉まっているが別ルートでボートからエントリーできるそう。ラッキー!波が高いので酔いやすい方は酔い止めを。シュノーケルと甘く見てましたが深さのある場所なので結構大変でした。フィンまでつけて重装備です。はじめはこんな黒い海の中見るの怖くて出来ない!!!とわめいていましたが(私は海外の水色の海が好きで青の海は怖い)のぞいてビックリ!!水中は水族館ではないですか!!!!深さもあり珊瑚もありとても綺麗...スタッフのやっさんに浮き輪で誘導されるのでラクチン。, 見えてきました。ここで目をつぶってくださいとニクイ演出。目をあけるとそこには・・・, 青の世界!!雑誌で見た世界がひろがっていました。しかも今回貸切状態。夏には神秘的なこの空間も人であふれるそうですが、冬は貸切状態になる確率が高い。しばし青の世界に癒されます。その後旦那は素もぐりにチャレンジ!私はシュノーケルを楽しみました。でも酔ってきたので帰ります・・・, ただいまひなちゃん。と、あれれ??熱い???なんとひなちゃん託児が終わった直後に高熱勃発!!!ママ達の青の洞窟が終わるまで熱だすの我慢していてくれたのかな??ありがとう、ごめんね。こんなこともあろうかとヒエピタと保険証と座薬を用意していたのでとりあえず座薬で熱さまし。, ひな様も少し落ち着いたので那覇に向かう前に昼食。おんなの駅(道の駅てきなかんじ)でイカスミにぎりと名物のうにソース焼き。このうにソースだけ販売していて買ったのに忘れてしまいました。がっくし・・・, おんなの道では買い食い程度にすましやっさんに進められた金月(キンチチ)そばへ。通常の沖縄そばもありますが創作ソバがウリみたいです。座敷もあるので子連れにもいいですね。, そこから1時間ほどかけて那覇に移動。那覇でお世話になるのがかりゆしアーバンリゾートナハです。とまりんの上にあり、下にはコンビニもありと立地的には便利なシティホテルです。夏なら下のとまりんからナガンヌ島まで20分と便利です。しかし国際通りまでは徒歩でいけず、少し残念。またパーキングも少し遠く不便。しかし那覇のシティホテルの中では上位クラスではないでしょうか。(お値段は良心的ですが), 今回先着特典でお部屋だけプレミアムフロアにしてもらいました。サービス(パーキング無料など)はついてません。あくまでお部屋だけ。高層階にあります。, どこのフロアもこのようにエレベーターから通路に行く際にひとつドアがあります。ルームキーをさしこまないと行けないのでセキュリティ面はしっかりしてます。, お部屋は綺麗ですが何がプレミアムか分からず。ルネッサンスの部屋に慣れていたのでもすごくせまく感じました。, 眺めくらいでしょうか。しかしながら眺めもルネッサンスにはおよばず眺めることも特にありませんでした。それに加え那覇の都会さときたら・・・ここは大阪かね??て感じで。恩納村で静かにリゾートしてたので一気にテンションダウン。最初に那覇入りするか、3泊ともルネッサンスにすればよかったと反省。ずっと口癖のようにルネッサンスが恋しいとつぶやいていました。温泉ないし・・・洗面所もせまいし・・・バルコニーないし・・・て笑。ちなみにこれは私がわがままなだけでこのホテルはシティリゾートとしては合格なんですよ!ただリゾートしたい家族連れは那覇はさけましょうね。, ロビーも綺麗ですよ。それにホテルスタッフの質はこちらのホテルの勝ちでした。とても気持ちいい対応でした。ひな様熱もさがったところで国際通りへ。, あー都会だわー・・・キャッチがたくさんいるー・・・おばあちゃんがいきなりサーターアンダギー買ってと言ってきたので値段を聞くと5つで1000円だって笑。たけーよ。買ってと迫られ怖かったです。, 国際通りでは同じような店が並んでますのでいちいち見ていたらもったいないです。キットハウスという大きいお土産やさんで一度に購入して送料無料(梱包代に1000円かかりましたが)で自宅まで送ってもらう方法が賢いかと思われます。お菓子から、シーサーから、グラス、お酒一通りは揃います。お土産にこだわりのない方(○○焼きのシーサーじゃなきゃダメとか)はここはオススメです。さて、買い物も済まし夕食へ。キャッチがいたるところにいましてこういうのも悪くないと選んだキャッチの店が有名な「ちぬまん」さんでした。60分飲み放題は相当お得です。, ここでもひな様はノリノリー・・・かと思いきやこちらはわいわいガヤガヤ系で狭い空間で大音量で演奏するため怖くてずっと泣いてしまい・・・お客さんも子連れはあまりいなかったので迷惑になり外にあやしにでたりとちっとも満喫できませんでした。子連れにはイマイチですが、仲間内でわいわいくるには最高です。結局結構飲んで食べても5400円ででした。, おはようございます。昨夜は早めに就寝。深夜にひな様の身体がとんでもなく高温になり苦しんでおりました。座薬で熱さまししたらあっというまに元気になりましたが心配です。朝食はバイキングです。景色も綺麗なレストランで気分よく食べれます。, ごはんのお供に明太子が食べ放題なんですよ。なぜだかスーパーに行っても明太子って割高なのであまり手がでないんですよね。ほかは無駄使いしちゃうのにこういうところはみみっちい笑。なので得した気分笑☆, スタッフさんはすぐさま絵本を用意してくれたり、エプロンを用意してくれたりと気が利きます。最後もエレベーターまでお見送りしていってらっしゃいませ!と気持ちいい対応でした。ここのホテルは那覇ではオススメですね。, 最終日の今日はアメリカンヴィレッジへ。那覇から北へ向かうこと40分くらいかな?北谷という地域で基地が多く外国人も多いらしく、海外気分を味わえるかな?と思いましたが、正直観光で行く場所ではないかな?地元っこが遊びにいくような場所ですね。映画館あったり、イオンもあり。もっとグアムぽい町並みを期待していったのですが期待はずれ。, ひな様実は朝から小児科に行ってました。まさか沖縄に来て小児科とは・・・笑。とりあえずお目当ての座薬をゲットし一安心。しかしこの後熱はさがり次の日から保育園にもいけるくらい元気でした。疲れがたまって出ちゃったのでしょうか??今日はひな様のためにゆったりDAYにします。, スタバで休憩。最終日にしてようやくまぁまぁの気候に。沖縄にきて初めて半そでになった瞬間です。, ランチはトニーローマに来ました。美味しかった!!!あーこんなの食べたらグアム行きたいよーー”””, この後イオンのプレイスペースへ。最終日は小児科にイオンにと観光らしくない一日になりました。ヒエピタとお友達。, レンタカーを返却しにDFSへ。空港にも返却できますが渋滞が懸念されるので、DFSで返却後ゆいレールにて空港までといった道のりがオススメです。DFSで購入しようと意気込んだのですが、イマイチ気が進まず。そこまで安くなってないのでお目当てがある人以外は行かなくていいかな??, ゆいレールにのり空港を目指します。DFSからすぐに駅へとつながってます。空港までは20分ほど。18時30分の便にのり大阪へ。バイバイ沖縄!!!, さてさて、今回の旅行全体的に見て思うことは那覇入りしなくて良かったなと思うこと。やはり私達が(勝手に)思う沖縄らしい沖縄は本島では味わえないですね。昔石垣島に住んでいたことがありますが、石垣島でさえ都会と感じたほどです。やはり竹富島、久米島、宮古島などなど次回行くなら離島に足をのばしたいですね。でもそうなると旅費もかかるし・・・て、ことでやっぱり「沖縄行くならグアム行く!」のモットーは曲がらないどころか強くなったのでした。最後まで見ていただいて感謝します。ではでは次回はディズニーリゾート編でお会いしましょう。, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 ただし、年末年始だけは一時的にハイシーズンとなり、旅行費用が跳ね上がるので注意しましょう。, 整備されたビーチでも管理棟は閉鎖され、監視員はいません。水温の体感温度は低いので、酔った勢いなどで泳がないようにしましょう。 気候的には過ごしやすい沖縄の冬。夏のオンシーズンに比べると旅行代金もお得なのでねらい目の季節!でも・・実際行ってみて楽しめるか気になるところではないでしょうか。「沖縄の冬」についてお伝えします! でも、ここでおすすめしたいのがいつもとはちょっと違う、暖かい日本の冬の楽しみ方です。 今回、ご紹介するのは、冬でも平均気温は15℃から20℃前後、水温が20℃を下回ることはほとんどない沖縄の離島「慶良間諸島」! QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。, 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。. >1月の沖縄旅行 気候・服装・おすすめイベント 沖縄は冬こそ狙いメ!? 冬のオキナワを楽しみ尽くそう!, 沖縄の冬といえば、一般的には本土と同じく12月下旬〜2月頃を指しますが、その気候は本土とはずいぶん異なります。 フォートラベルポイントって?, おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします! >2月の沖縄旅行 気候・服装・おすすめイベント, 本土に比べて気温が高い沖縄ですが、北風が吹くため、体感的にはそれほど暖かくありません。1・2月の沖縄観光では、軽めのダウンジャケットやウインドブレーカーなどを持参しましょう。特に、海に面したグスクなどは海風が強いので、風除けとしても重宝します。また室内で活動する場合は、寒さはそれほど気になりません。肌寒いときは、パーカーやカーディガンなどを羽織ればOKです。, 冬とはいえ、本土よりはるかに温暖な沖縄。時期によっては、日差しやUVが強い日がある場合もあります。油断することなく、日焼け止めクリームや帽子などを用意しておくといいでしょう。, 沖縄旅行のメインシーズンは、夏を中心とした4月〜10月です。11〜3月のオフシーズンは、ツアーはもちろん、飛行機代、宿泊費、レンタカーなど、さまざまな面で料金が割安になります。, また、観光客もハイシーズンに比べて少なくなるので、比較的ゆっくりと過ごせます。テーマパークやアトラクションは待ち時間が少なくなり、ストレスも軽減されます。 【第15位】お手軽に離島気分を満喫!「伊江島」沖縄美ら海水族館があることで有名な国頭村(くにがみそん)の本部港(もとぶ)半島から北西に9kmほどの沖合に浮かぶ伊江島(いえじま)。 沖縄本島の美ら海水族館からも見える伊江島。島の中心に座す城山 雄大な自然と沖縄の原風景が残る「国頭村」 慶良間諸島. Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved. 冬も楽しい慶良間諸島を代表する「座間味島」 ケラマブルーに心癒される「渡嘉敷島」 世界中からダイバーが集まる「阿嘉島」 阿嘉島と橋でつながる素朴な離島「慶留間島」 冬の沖縄旅行の楽しみ方10選|おすすめの観光地やアクティビティも 夏のイメージが強い沖縄ですが、冬の沖縄は意外とねらい目です。オフシーズンの為旅行代金が下がり、過ごしやすい気候となる為観光もしやすいんです。 沖縄には大小様々な島が並んでおり、その島ごとに景色や文化が異なるので、訪れる島ごとに別世界の文化を楽しめるのが特徴です。沖縄の離島へと訪れたいのであれば、それぞれの島の違いについて理解した上で、あなたに合った離島を見つけるのが良いでしょう。 沖縄といえば夏!というイメージが強いですよね。でも、実は冬だからこそ楽しめるポイント、そして、海やプール以外でも楽しめるスポットがあるんです♪今回の記事では冬の沖縄旅行におすすめな観光スポットからホテルまで紹介します! スマホで簡単・格安予約♪沖縄の遊びはシュノーケリング、ダイビング、パラセーリング、カヤックなどマリンスポーツ、沖縄本島・離島を遊びつくす人気アクティビティが充実!観光バスツアー、ホエールウォッチング、石垣島・宮古島のオプショナルツアーもおまかせ! 沖縄の離島・西表島は毎年大人気の観光スポットです。有名ローカル番組のロケ地としても知られており、多くの観光客が訪れています。今回は西表島の魅力を徹底調査しました。人気の観光スポットやおいしいグルメ、おすすめのアクティビティもご紹介します。 ここにしかない「沖縄」の現地発のオプショナルツアーを続々更新♪いつでも日本語で予約可能!サポートも万全だから初めての旅行でも安心。観光、アクティビティ、グルメなど、絶対に外さない「沖縄」の旅で思い出に残る体験を。 問題のある投稿を連絡する, マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる パラセーリングも一年を通して楽しめます。, 水温の低い冬の沖縄の海は、海の生き物の活動も穏やか。透明度が高いので、ダイビングやグラスボートなどのウォッチングにはいいシーズンと言えます。 気候的には過ごしやすい沖縄の冬。夏のオンシーズンに比べると旅行代金もお得なのでねらい目の季節!でも・・実際行ってみて楽しめるか気になるところではないでしょうか。「沖縄の冬」についてお伝 … 沖縄現地出発のオプショナルツアー専門予約サイトveltra(ベルトラ)。人気のシュノーケルやマリンスポーツ、慶良間諸島や青の洞窟、美ら海水族館、石垣島、竹富島、西表島、小浜島、宮古島、久米島のアクティビティを豊富な体験談でご紹介!最低価格で24時間オンライン予約可能。 【最安値保証】沖縄のアクティビティやカルチャー体験などの中から、オススメのツアーを「アソビュー!」が厳選して20プランご紹介。また沖縄の遊び・体験・レジャースポットを、料金の安い順・ランキング順・口コミ情報などで比較し、ネットで簡単に予約できます。 aldenteさんからの質問「冬の離島の楽しみ方は?」に関するQ&Aページです。沖縄県の観光・遊ぶに関する疑問があれば日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで質問してみよう! スマホで簡単・格安予約♪沖縄の遊びはシュノーケリング、ダイビング、パラセーリング、カヤックなどマリンスポーツ、沖縄本島・離島を遊びつくす人気アクティビティが充実!観光バスツアー、ホエールウォッチング、石垣島・宮古島のオプショナルツアーもおまかせ! ホエールウォッチングは、12月下旬から4月上旬限定で楽しめる、沖縄の冬のおすすめアクティビティです。シベリア海域に生息するザトウクジラが、この時期、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海を求めてやってくるのです。大迫力の出会いを、ぜひ! 沖縄の海で遊び放題!沖縄の海、風、太陽の下でのマリンスポーツで、最高の思い出を作りましょう。子供から大人まで楽しめるマリンスポーツアクティビティをご紹介します!スリルと爽快感が満載のバナナボートやジェットスキー、大注目のフライボード、大人気のサーフィン。 石垣島は沖縄本島から南西約400kmの場所にあり、八重山諸島の中心となる島。石垣島自体にも魅力は多いのですが、離島へ行くための拠点としても使われます。今回は初めて八重山諸島を訪れる方向けに、石垣島を拠点として小浜島と竹富島を巡るモデルコースをご紹介。 沖縄の観光シーズンといえば、マリンアクティビティが楽しめる春から秋にかけての時期に集中します。でも、冬の沖縄は魅力がないのでしょうか? そんなことはありません。むしろ、飛行機代や滞在費がリーズナブルになるオフシーズンの冬こそ、沖縄を満喫できる絶好の機会かも。沖縄の冬観光を100%楽しめるポイントを紹介します。 ここにしかない「沖縄」の現地発のオプショナルツアーを続々更新♪いつでも日本語で予約可能!サポートも万全だから初めての旅行でも安心。観光、アクティビティ、グルメなど、絶対に外さない「沖縄」の旅で思い出に残る体験を。 沖縄本島の平均気温は17度前後と、本土に比べてかなり高めです。しかし、北風が吹き抜ける分、体感温度的には寒い日が続きます。また、曇りや雨の日が多いことも特徴です。 もっとも水温が低い時期でも、沖縄の平均水温は20度を上回ります。とはいえ、水温は冷たい部類に入るので、夏期のような遊泳はできないと考えましょう。, ただし、シュノーケリングはウェットスーツなどを着用すれば可能です。ダイビングも、厚手のウェットスーツやインナーなどで防寒すれば、じゅうぶん楽しめます。 冬の沖縄で何する?考える必要はありません。冬の沖縄は本州と比較して気温も高く過ごしやすい気候となっています。冬のアクティビティから見どころの多い観光地など多くの見どころがある冬の沖縄県!冬の楽しみ方を紹介していきましょう。 冬の沖縄旅行 . aldenteさんからの質問「冬の離島の楽しみ方は?」に関するQ&Aページです。沖縄県の観光・遊ぶに関する疑問があれば日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで質問してみよう! 沖縄の中でも特に人気の高い石垣島。夏になると毎年多くの観光客が訪れますが、実は冬にもこの季節だからこその楽しみ方がたくさんあるのをご存知でしたか?今回は冬の石垣島へ訪れるなら絶対に欠かせないおすすめな観光スポットのランキングをご紹介してまいります! 沖縄といえば夏!というイメージが強いですよね。でも、実は冬だからこそ楽しめるポイント、そして、海やプール以外でも楽しめるスポットがあるんです♪今回の記事では冬の沖縄旅行におすすめな観光スポットからホテルまで紹介します! 沖縄のおすすめ離島と、その見どころを凝縮してお届けします。「離島に行きたいけれど、どこに行ったらいいのか分からない」そんな方はぜひ参考にしてみてください。あなたにピッタリの離島がきっと見つかるはず! https://www.his-j.com/kokunai/kanto/tour_info/okinawa/catchy/?p=7357 三線体験では、実際の三線に触れて簡単な曲を講師がレクチャーしてくれ、穏やかな音色に心癒されます。, 自分だけの琉球ガラス作品が作れる施設。体験は最短5分から可能です。オリジナルグラスやアクセサリー、フォトフレームなどを作ることができます。また、ガラス職人の仕事ぶりをこの目で見ることができる工場見学のほか、琉球ガラス美術館も併設されています。, 沖縄の共交通機関では行けるところが限られてしまうので、沖縄観光を100%楽しみたいなら、レンタカーでドライブするのがベストチョイス。窓を開け、潮風を浴[…], コロナ禍でも、安心して旅行を楽しむためのポイントは『密』にならないことです。 この記事では「密集」「密閉」「密接」を避け、少しでも安心して参加できるバ[…], 沖縄の魅力といえば、マリンアクティビティです。中でもシュノーケリングは、沖縄の豊かな海を手軽に体感できることで人気。ウエアなどに気をつければ、一年を通[…], HISの格安ツアーからワンランク上のご褒美旅までお得な沖縄旅行が満載!沖縄本島はもちろん、石垣島、宮古島、西表島、慶良間諸島など人気のエリアもしっかりご案内します。. 冬に楽しめる観光スポットは、沖縄本島や石垣島などの大きなエリアに集中している傾向があります。そのため離島に関しては、宿泊施設や飲食店、小売店、マリンショップなどが休業となることも少なくありません。また、船舶の運行が減便する場合もあります。離島に行く場合は、必ず事前に営業時間等を確認して行動しましょう。, 12月〜2月の冬の期間は、基本的にビーチは開いていません。整備されたビーチでも、管理棟は閉鎖されています。もちろん、監視員も不在です。 夏に比べると旅行代金がぐんとお得で、冬も人気の沖縄。常夏のイメージの沖縄ですが、12月~3月は沖縄も沖縄の冬を迎えています。とはいえ本州に比べて暖かい沖縄の冬って一体どんな感じなの?気温や服装は?この時期だから出来る遊びや観光ってあるの? 沖縄本島から約300kmに位置する人気の離島、宮古島。大小8つの島からなる「宮古群島」のうちの1つで、島を囲うように色鮮やかなサンゴ礁が群生しています。そんな宮古島でトライしたいのが、マリンアクティビティの数々。夏のイメージが強い海のレジャーですが、実は冬季も体験可能。 沖縄の中でも特に人気の高い石垣島。夏になると毎年多くの観光客が訪れますが、実は冬にもこの季節だからこその楽しみ方がたくさんあるのをご存知でしたか?今回は冬の石垣島へ訪れるなら絶対に欠かせないおすすめな観光スポットのランキングをご紹介してまいります! 沖縄シュノーケリング 沖縄のマリンアクティビティの中で一番人気は「シュノーケリング」。水中メガネ・シュノーケル(水中に顔をつけたまま呼吸ができるゴーグルの事)とフィン(足ひれ)などの器具を付けて水面に浮かんだ状態で海中の世界を楽しむ事のできるアクティビティです。 ここにしかない「沖縄」の現地発のオプショナルツアーを「人気ランキング」で紹介♪いつでも日本語で予約可能!サポートも万全だから初めての旅行でも安心。観光、アクティビティ、グルメなど、絶対に外さない「沖縄」の旅で思い出に残る体験を。1位 - 20位のランキング なお、雪が降ることはありませんが、時折あられが観測されることがあります。, 月毎の沖縄の情報を知りたい方はこちらを参考ください。 冬の沖縄。 本来は14時チェックインなのですが、早めについても大丈夫です。 というのもチェックイン当日からランチ無料の特典は使えますのでランチが終わる15時までなら早めにチェックインしたほうがお得なんです。 沖縄シュノーケリング 沖縄のマリンアクティビティの中で一番人気は「シュノーケリング」。水中メガネ・シュノーケル(水中に顔をつけたまま呼吸ができるゴーグルの事)とフィン(足ひれ)などの器具を付けて水面に浮かんだ状態で海中の世界を楽しむ事のできるアクティビティです。 沖縄本島から約300kmに位置する人気の離島、宮古島。大小8つの島からなる「宮古群島」のうちの1つで、島を囲うように色鮮やかなサンゴ礁が群生しています。そんな宮古島でトライしたいのが、マリンアクティビティの数々。夏のイメージが強い海のレジャーですが、実は冬季も体験可能。 さて本日のアクティビティも残すところサンセットクルーズだけになりましたが、さすがに今日は綺麗な夕日は拝めないだろう、そして波が荒れてるのではりゅう船の二の舞になるような気がしてキャンセルしました。 夕食まで時間があいたので近場のお菓子御殿に行きます。 ここは紅芋タル� ここにしかない「沖縄」の現地発のオプショナルツアーを「人気ランキング」で紹介♪いつでも日本語で予約可能!サポートも万全だから初めての旅行でも安心。観光、アクティビティ、グルメなど、絶対に外さない「沖縄」の旅で思い出に残る体験を。1位 - 20位のランキング 沖縄には大小様々な島が並んでおり、その島ごとに景色や文化が異なるので、訪れる島ごとに別世界の文化を楽しめるのが特徴です。沖縄の離島へと訪れたいのであれば、それぞれの島の違いについて理解した上で、あなたに合った離島を見つけるのが良いでしょう。 >12月の沖縄旅行 気候・服装・おすすめイベント 小浜島ってご存知でしょうか? 沖縄県の八重山諸島の中央にある離島です。以前、nhkの朝の連ドラ「ちゅらさん」の舞台となり一気に知名度が上がった島です。南国情緒あふれるこの島の周囲は360種ものサンゴが生息する美しい海に囲まれています。 2011/12/11

ラファエル 本 帯, あきたこまち 無洗米 2kg, セディナ ローン 引き落とし, 31 バラエティパック 値段, Iphone 地図アプリ 設定, ブライズ メイドドレス レンタル 岡山, G Suite 退職者 メール, フェイスタオル ニトリ カインズ 無印, ユニバ お土産 ミニオン,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です