ベース ヘッドホンアンプ 使い方

購入してみました。 エミリは、最初こんな小さいアンプから. ールドつなぐのが面倒」って人にはうってつけ。 エレキギターを初めてある程度弾けるようになってくると、エフェクターを使ってみたく ... 多くのギタリスト、ベーシストから支持と信頼を一身受けるBELDEN(ベルデン)は ... 父の日のプレゼントにお悩みの方、多いのではないでしょうか。 もしお父様・旦那さん ... 東京事変の楽曲も含め、どれをとってみても名曲ばかりの椎名林檎さんの作品群。 中で ... エレキギター・ベース用のアンプがあるとふと思うこと。 「 ギターアンプやベースア ... FENDER JAPANはシリアルナンバーで製造年代が判別可能 か防音設備の整った地下室でもない限り、この点だけは絶対に守った方が良いです。 単体の「ヘッドホンアンプ」を使うと、スマホやdap内蔵のヘッドホンアンプよりもパワフルな高音質を楽しめます。ハイレゾ対応dacやバランス接続対応など機能豊富なモデルも多数。今回は、ヘッドホンアンプの選び方とおすすめ機種をご紹介します。 !」となるだけで、あのキレの良い音が出なくて間違ったやり方をしているのでは?と訝しんでいました。 アンプヘッドを持つメリットは「音作りが安定する」ことに尽きます。スタジオやライブハウスに置いてあるアンプと相性が合わず、自分の望んだ音色が作れなかった、こんなときにマイアンプヘッドがあれば、いつもとかなり近い感覚での音作りが可能です。 ポットのAカーブとかBカーブCカーブとか、どんな違いがある? ギターのベースのみ ... 何気に紆余曲折あるFENDER JAPANの歴史 フェンダージャパンの歴史 日本 ... 弦の太さの選び方の前に、少し前置き。 初心者による弦楽器セルフメンテナンスの第一 ... 音叉でベースをチューニングしてみよう! 今回は音叉を使ってのベースのチューニング ... ヘッドフォンアンプとは 騒音対策に最適な、ヘッドフォン専用のアンプ。 アンプの種 ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 初めての歪みエフェクター、ディストーションかオーバードライブで迷うならコレがオススメ!. い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 【ベース】ヘッドフォンアンプの使い方で… 【1】ヘッドフォンアンプというのはベースの音と テレビやpcから流した音を同時にヘッドフォンへ流せるのでしょうか?? 【2】アンプに接続するケーブルのコネクタはどういう形状なのでしょうか? ベースの生音を増幅し、ライブで聴くようなベースらしい音にできるのが「ベースアンプ」。今回は、ベースアンプのおすすめモデルをご紹介します。初心者に人気のあるロングセラーの定番モデルから、プロ仕様のモデルまで幅広く厳選しました。 ´ç¿’グッズが欲しい方にはVOX「amPlug2」がおすすめです。 VOX ヴォックス ヘッドホン・ベースギター・アンプ アンプラグ2 amPlug 2 Bass . ギターのベースのみならずのエフェクターやアンプ... K.YairiとS.YairiとA.Yairiって何が違うの? ampeg ba-108は、小型で持ち運びしやすいコンボタイプのベースアンプです。ヘッドホン端子がついており、自宅で大きな音を出せない場合も、ヘッドホンから聞くことができます。 世界中のベーシストに愛用されている人気ストンプボックスをはじめ、入手困難なヴィンテージ・ペダル、スタジオ品質のラックマウント・エフェクト、 この記事では、「サンズアンプ持っているけど、どうやって使うのがいいんだろう?」そんなサンズを使いこなしたいあなたに、, また「サンズアンプってよく聞くけど、何がいいんだろう?」と興味を持ち始めたあなたにもぜひ知って欲しい, ベーシストの定番アイテムとなった「BASS DRIVER DI」は、国内では、この22年間で5.5万台を優に超えるBDDIが販売され、膨大なベース・ラインがBDDIでサポートされてきました。また、当社(All Access Inc.)の企画でJapan限定モデルのBASS DRIVER DI-LBが2015年にリリースされ、国内1,000人に及ぶベース・プレイヤーにもご購入いただきました。, こんにちは、ベースライン研究所所長のたぺです。当研究所(サイト)にお越しいただきありがとうございます!ここを訪れてくれたあなたも既にベースをこよなく愛する研究員。共にかっこいいベースライン作りの研究をしていきましょう!, まず、サンズアンプって何者? という話から。今回紹介するサンズアンプというのは、正式には「SANSAMP BASS DRIVER DI V2」といい、1994年に発売されてから多くのベーシストに愛される超定番アンプシミュレーター・歪みエフェクターとして使われています。(初代モデルの発売は1989年), 「アンプシミュレーター」というのは、「アンプ」+「シミュレーション」という言葉からなんとなく想像がつくかも知れませんが、何かのアンプのような音を作る(真似ることができる)機械ということ。, 「サンズアンプ」の「サンズ(sans)」は「〜無しで」という意味があり、「アンプがなくても、チューブアンプ(真空管アンプ)のような温かみのあるサウンドが作れる」というのが、このエフェクターのウリというわけです。, サンズアンプは、「サンズを通せば、サンズの音がする」と言われるくらい、個性的な機種でもあります。(言葉の訛りで地方出身だと分かってしまうような感じ?)また、使っている人も多いので、「あれ? どこかでこんな音聞いたことあるな」と思われるかもしれません。, ぜひ、そんなプロたちも愛用するサンズアンプを使いこなし、楽しく音作りをしていきましょう!, エフェクターの説明書にも軽く書いてあることもありますが、このエフェクターの「つなぐ順番」というのは、毎回ベーシストの頭を抱えさせる問題ですね。, 音楽に正解不正解がないように、つなぎ方にも必ず正解があるわけではありませんが、今回はサンズアンプの「使い方」別にオススメの接続順を解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!, 「プリアンプ」というのは、アンプの中にある「音色を作る」部署です。ざっくりとアンプの説明をすると、ベースから音の信号を受け取り、プリアンプで音色を調整→パワーアンプで音を増幅→スピーカーから音を出す、という仕組みになっています。, そんな音色を作る大事な部分が毎回入るスタジオごとに違ったり、リハーサルとライブで違ったりすると、なかなか理想の音作りが再現できなくなってしまいますよね。, そうならないために、足元で音作りを完成させてしまおう! というのがプリアンプを使う考え方です。, もともとアンプにあったプリアンプの代わりとして使うわけですから、接続は一番最後になります。, 「あれ? でもいくら足元で音を作っても、音がアンプに運ばれてしまえば、アンプの中のプリアンプの魔の手にさらされてしまうのでは……」, 実は、全面のインプットジャックとは別に「パワーアンプイン」というようなジャックが背面に用意されていることがあります。, 「必ずパワーアンプインにしなさい!」という話ではなく(壊れませんしね)、弾き比べてみて、より良いと思う方を採用してくださいね!, 順番を変えて、エフェクターが壊れることはないので、どんどんいろんな順番を実践し、自分の血肉に変えていきましょう。最初は「面倒くさいな〜」と思うかもしれませんが、そのかけた時間の分だけ、あなたはサンズマスターに確実に近づくのです!, 最後に宅録でアンプを通さず、ベースからパソコンへとつなぐ場合に「アンプシミュレーター」として大活躍するのが、サンズアンプのすごいところ。, もともとがチューブアンプのサウンドを再現する機材として誕生していることから、その「アンプ感」を出す能力にはめちゃくちゃ長けています。, サンズがアンプシミュレーターとして優秀な理由に「パラレルアウト」機能が搭載されているところが挙げられます。, この「パラレルアウト」、何がスゴイかと言うと、サンズアンプを通さない「原音」を分けて出力できるんです。, サンズ100%の音は、音の輪郭線がぼやけてしまうのです。逆に、原音(ライン)では、輪郭はくっきりするものの、ちょっとしょぼい。, その2つのサウンドをブレンドすることによって、ぼやけすぎず、厚みを損なわないサウンドを作っていくことができるのです。, 「分けて出力する意味あるの? サンズの中で混ぜちゃえば良くない?」そう思うかもしれませんが、これを分けて出力することにより、録音したあとから、ブレンドの割合を変えることができるので、録音したあとで「あれ? ちょっとぼやけてるな〜」と思ったら、割合を変えられるなど、音作りがしやすいメリットが大きいのです!, Scarlett オーディオインターフェースが最新のデジタルテクノロジーと長年蓄積されたアナログ回路技術によってブラッシュアップされ、3rd Generationとしてリニューアル 自宅で使いやすいベースアンプ. どうもKelonです。 今日はベースを弾いている上で最も耳にすることが多いエフェクター(個人の感想です) プリアンプについて解説していきます。 目次 プリアンプとは?ベースで使うプリアンプって?オンボードプリアンプとはア […] ここでは、ヘッドホンアンプの選び方とおすすめ商品をご紹介。音質の向上に使われるヘッドホンアンプは、ポータブル型や据え置き型などの本体タイプや、入出力に採用されている端子など、機能の詳細をよく確認することが大切です。 エフェクターのつなぎ方ではずせないテクニックの一つが、ギターアンプ・ベース... ネックをはずしても製造年代はわかるけど…… ということでエレキギターグッズとして超おすすめのヘッドホンアンプ、vox アンプラグ2の使い方と違いの紹介でした。 キャビネットスピーカーもあるのでセットで最初の1台にするのにも十分おすすめで … Amplug(アンプラグ)の使い方 では、早速アンプラグの使い方を紹介していきます! Amp(アンプ)とPlug(プラグ)を掛け合わせた造語である amPlug らしく、 アンプラグ本体にプラグがついています。 そしてそれを直接ギターのアウトプットジャックに挿します。 ヘッドホンの使い方・選び方 ... 通常、ヘッドホン端子からヘッドホンアンプにケーブルで繋ぐ訳ですが、その場合、iPodのアンプとヘッドホンアンプの2つのアンプを使用することになります。 FENDER JAPANのシリアルナンバ... Gibsonのシリアルナンバーの見方・読み方・解読方法まとめ これらのポイントを押さえておくことで、小型ベースアンプ選びの失敗をぐっと減らせますよ。 ローダウンチューニング・ドロップチューニングとは、... ポットのAカーブとかBカーブCカーブとか、どんな違いがある? この記事では、「サンズアンプ持っているけど、どうやって使うのがいいんだろう?」そんなサンズを使いこなしたいあなたに、 使い方別の接続順 セッティング(ツマミの使い方) について解説していきます。 また「サンズアンプってよく聞くけど、何がいい ベースの音作りをする時に、いきなりツマミを触って音を出すというようなことはしません。正しい手順を踏みながら少しずつ音の特徴を掴んでから、調整して音作りをしていきましょう。 ここでは、ベースの音作りの基礎となる手順について解説します。 音のつくり方 (アンプの使い方) エレキギターの場合、演奏をする際にはアンプを使います。 しかし、スタジオに行ってもアンプの使い方が分からない、思うような音にならないなんてことありませんか? けいおん!ではグッズだけでなく唯たち放課後ティータイ... センドリターン端子とはなんぞや? 深味がある美しい艶と風格が魅力的なラッカー塗装 今回は高級なギター・ベース・ウクレ... VOX ヘッドフォン amPlug内蔵 amPhones Bass ベースに直接プラグ・イン 個人練習に最適 電池駆動 コンプレッサー内蔵, VOX ヘッドフォン ベースアンプ amPlug2 Bass ケーブル不要 ベースに直接プラグ・イン 自宅練習に最適 電池駆動 リズムパターン内蔵, Ibanez アイバニーズ エレキ・ベース用10W 練習用アンプ IBZ10BV2, VOX スタックアンプ amPlug2 Cabinet 2W amPlug2用ミニアンプ 単体使用可 インテリアに最適 電池駆動 AUX IN搭載, K.Yairi / S.Yairi / A.Yairiの違いと特徴【日本が誇るアコギメーカー】, FENDER USA・FENDER MEXICOのシリアルナンバーの読み方・見方と製造年代. どうも、実はアンプ持ってないんだ、萩原悠ですw ギターやベースを初めて手に入れた初心者さんにとって、アンプってのも未知の存在ですよね。 みんな 「繋げば音出るから!」 とか簡単そうに言うけど、なんか使い方間違えると壊れそ … ったら次に欲しくなるのがベースアンプ。ただ何を基準に選べばいのかよくわからないですよね。どんなサイズのがいいの?どのくらいのワット数があればいいの?どんな種類があるの?などなど。 個人差はあれど、弦は... ラッカー塗装の特徴 ヘッドホンアンプ【amplug2 bass】レビューまとめ ベース用のヘッドホンアンプ【 amplug2 bass 】をご紹介しました! 最近では 初心者セット にもこの amplug2 bass がついてくるのでこれからベースを始めたい! K.YairiとS.Yairi、そしてA... アニメが当たるとグッズが売れるのはもはや当たり前。 ギブソンのシリアルナンバー・製造年代の見方... ヘビメタ御用達!?のローダウン・ドロップチューニング FENDERもまた、シリアルナンバーで製造年を知ることができ... 初心者の方にとって、セルフメンテナンス最初の難関がアコギ弦の張り替えです。 ストに愛用者が多いエフェクターが プリアンプ ではないでしょうか。 めないためにも、今一度解説していきます! ボリュームを0にする 「早速ベースとアンプを繋げましょう! 重厚な低音を生み出すベース・シンセサイザーなど、ベース用にチューニングされた52種類のエフェクトを満載。, 「似たようなサウンドなら、安い機材で色々入っているマルチのほうがいいのかな……」とお悩みの方は、ぜひ今後のサウンド作りの参考にしてくださいね!, 本家サンズに比べて、ZOOMサンズはフラットな状態で「ドンシャリ」感が強いサウンドになっています。, ※おさらいですが、ドンシャリというのは、中音域がカットされ、低音域・高音域がブーストされたサウンドです。, ZOOMサンズは、本家サンズと同じように使えるというわけではなく、サンズの特徴である「バキバキのドンシャリサウンド」を特にフォーカスして作られているという感じです。ものまね芸人が、本物のクセや特徴を強調するのと似ていますね。, なので、前項で説明した「歪みエフェクター」としてのサンズサウンドとして使えるといった印象です。, ミッドを上げれば、250〜500Hzのあたりは上がりますが、500Hz〜1KHzは上がらずに、ポコンと凹んだままなのが、目で見てもわかりますね。音もシャリッとした感じは変わりません。, ※GAIN 50%と書いてありますが、ZOOMのディスプレイ通り100%になっています。, 本家サンズは、ゲインをマックスにしても、ベース本来の音を残しているような印象があります。歪み方がキレイとも言えますね。, 前項のサンズアンプのセッティングのお話で、プレゼンスを上げると歪みも強くなるということを説明しましたね。, プレゼンスを上げると、本家サンズアンプもかなり歪んだ感じが増しますね。ベース・ミッド・トレブルはフラットですが、シャリシャリとした成分が増え、ドンシャリサウンドっぽくなりますね。, 本家サンズがプレゼンスを上げてきたのであれば、ZOOMサンズもプレゼンスを上げなければ、平等じゃない(?)ですよね!, うーん。「サーッ」というかなり耳に痛いノイズが増え、歪んだと言うか、ノイジーな感じになってしまいました。, プレゼンスをMaxに上げたときでも、本家サンズの方がハイ(高音域)が優しい感じで聞きやすいですね。, 実際、トレブル・ベースをカットしてみると……今度は音が軽くなり、ちゃちな感じになってしまいました。, 音作りをする上でセッティングに自由がありすぎると、かえって初心者には使いづらかったりするもの。, そんな細かい設定をせずに、スイッチひとつでいわゆる本家サンズの特徴である「バキバキ歪みのドンシャリサウンドを体験できる」というのは、さすがはマルチエフェクター!, ・本家サンズより、ZOOMサンズのほうがチープさがある。(価格も違うので当然と言えば当然), ・本家サンズアンプの元々のコンセプトが「アンプ無しでチューブアンプ」の音を目指している機材なので、温かさや太さを大切にしたサウンドになっている。, ・フラットだとバキバキのドンシャリサウンドではなく、そのままベースの性質を失わずにアンプに通したような音になる, マルチがあれば、サンズが要らないかというと、そうはならないよ、ということがわかりましたね(^^), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 今回の記事では、エフェクターとしてのサンズアンプの使い方を解説していきますので、「DI(ダイレクトボックス)」として使う場合の使い方については割愛しています。, サンズアンプは、歪みのエフェクターとしても使いやすいことから、オーバードライブ、ディストーションのように使われることもあります。, 原音別録りの「パラレルアウト」を使うためには、同時録音に対応したオーディオインターフェース(ベースからのシールドをパソコンへとつなぐ機械)が必要です。, まずはZOOMのマルチストンプで体験版的に味わうのもいい!(他の体験版もたくさん入っていますし), 目で見る機材レビュー|Darkglass ALPHA OMEGA ULTRA音作りセッティング方法解説!, スタジオラックを導入!自宅レコーディングスタジオ化におすすめです!Uって何?ハーフラックやマウント方法など解説, 本家 VS ZOOM B1 FOUR(マルチ)比較5戦!ベースエフェクターSANSAMP、MXR、BOSS、DARKGLASS聴き比べ対決!, 機材レビュー|Darkglass Vintage ULTRAとB7Kの違いとは?音作りサンプル付♪, キャビネットシミュレーターとは?DARKGLASS ULTRAシリーズレビュー!ライン録音でもアンプっぽい音が出せる!?, 【図解:セッティング例】サンズアンプベースドライバーV2レビュー<音作り・使い方・つなぎ方>, Focusrite 24bit/192kHz Scarlett 4i4 (3rd Gen), 機材レビュー|Darkglass Electronics MICROTUBES B7K ULTRA音作りセッティング方法解説!, 【モテるベースの音作り】イコライザー(EQ)の使い方|自分もバンドメンバーも気持ちのいい音抜けサウンドを作り出そう!. エレキベースを生音で鳴らすとビリビリなったりして「これで正しいの?!」と不安になったりします。特にスラップを初めてやってみたときなんかは「ベイィィン!! ´ç¿’用のヘッドホンが欲しいと思っている人は必 … ってそれにヘッドフォンアンプ(VOXのamPhonesBASSタイプ)が付いてきたのですが使い方がわからず困っています。standby←→onというスイッチがあって(on時はランプ点灯)どっちかに寄せるようになっています。説明書を読むと電源オ … Scarlett 4i4 3rd Gen:ホームスタジオを一段上にアップグレード DJやマスタリング作業に最適な出力2系統仕様, さて、接続順が決まったところで、次は音作りのためのサンズアンプのセッティングについて解説していきます。, 音作りのための耳の感覚は、どんどんやればやるほどに育っていくものですが、どうしても最初のうちは、違いがわからず苦戦しているという方も多いのではないでしょうか?, また動画では、再生する環境(イヤホン、スピーカー等)にも左右されてしまうことから、今回は音の成分を実際の波形で見ながら、音作りを解説していきます。, 楽器屋さんで試奏したけど、よく分からなかった……という方も、ぜひ波形の違いを見ながら、「自分の感覚はどう変わったのか?」を意識して聞いてみてくださいね。, 一口に「音作り」とは言いますが、歪ませるなど音に変化を加えるだけでなく、音抜けを良くするとか、ブライトな感じ(バッキバキ)にする、ウォームな感じ(ほんわり)にするなど、キャラクターを作る意味も含まれます。, 「A=440Hz」という基準は、なんとなく聞いたことがあるかもしれません。このA音をぽーんと鳴らしたときに、440Hzの振動だけではなく、低音域から高音域までたくさんの振動が一度に起こっているのです。(この音の成分を、倍音と呼びます), 少し見えにくいかもしれませんが、青いグラフの上の方にある細い黄色の横線が音のピークを示しています。(青の棒線は、音の減衰とともに動いてしまうので^^;), ベースは、やはり低音を担当する楽器なので、どの弦を弾いても、31〜125Hzあたりの低音域が多く出やすいです。, 多少音が太くなったかな?という感じはありますが、ブレンド・ドライブ「0」では、大きな音の変化はありません。, 目盛りがないので、5なのかわかりませんが(笑)、12時の方向にブレンド・ドライブを合わせて弾いてみます。中くらいの歪みを半分混ぜる、というような感じですね。, ドライブを上げると、音量も少し上がるので、ドライブを上げたいときは、レベル(音量)のツマミで音量を調整しましょう。, かなりジャリジャリっとした歪みサウンドになりました。音量も上がるので、レベルで調節します。, このドライブで作っていく音色がいわゆる「サンズの音」になるポイントです。チューブアンプらしい太くて温かい感じのする音になりますね。, ベース・ミッド・トレブル・プレゼンスなどは、EQ(イコライザー)といい、音の成分(倍音)の音量を調整する役割を持ちます。, プレゼンスは、「超高音域」を調整するツマミで、歪ませたときに活躍します。逆に、クリーンなサウンドのときは、それほど大きな変化を生み出しません。, というのも、ベースのクリーンなサウンドでは、あまり超高音域(4KHz以上)の成分があまり入ってこないのです。, プレゼンスを上げると、シャリシャリとしたサウンドが強くなり、より歪みが強くなったように感じます。, 「EQの使い方がよくわからない!」という方は、最大までブーストorカットしてみると、どんな音の変化があるのかがわかりやすいので、おそれずトライしてみましょう!, 逆に、トレブルを「0」にしてみます。音が丸くなり、耳障りは良くなりましたが、逆にもこもこして音抜けが悪い感じがしますね。, バッキバキな感じのアタックノイズが好きな人は、トレブルを少し強調して作ってみるとよいでしょう。もし、ちょっと耳が痛い、音を聞いていて疲れる感じがする、という場合は、トレブルが強すぎるのかもしれません。, 弾き方によっても、音の出方は変わってくるので、もしスラップに使いたい! という場合なら、プルの音がトレブルに関わってくるので、弾きながら調整していきましょう。, サンズアンプ初号機にはなかったミッド(MID)のツマミ。今回紹介しているV2のモデルから搭載されました。, 元々の仕様は、トレブル・ベースを上げると、ミッドがカットされ、逆に上げると、ミッドがブーストされるという具合に、ミッドは「おまかせ」モードになっていました。, ミッドは、音のキャラクターに大きく関わってくる音域で、かつ、他の楽器と干渉しやすいという問題も気にしなければいけない音域です。, 人間の耳が一番聞きやすいのが、このミッドの音域なので、いろんな音が集中するのです。ミッドをブーストすれば、主張の強い音になり、カットすれば、控えめな音になります。, 音作りは、アンサンブルの中でどう聞こえるかが最終的には重要です。バンドで合わせたときに、ギターやボーカルなど、他に目立つべき音を邪魔していないか? という視点で調節していきましょう。, このサンズアンプでは、ミッドの帯域を2タイプ調整することができます。それが、「ローミッド」と「ハイミッド」です。, 「ハイミッド」は、ミッドの音域でも少し高めの音域の方をぐっと持ち上げることができます。ちょっと押しの強い印象があるサウンドになりますね。トレブルを上げたときとはまた違う、「パキッ」とした感じが強くなります。, 最後に、ベースのツマミです。これは、低音域を調整していきますが、「ベースなんだから、低音大事でしょ!」とぐわっと上げてしまうと大変なことになります。, 小さな音量でも音割れしやすくなる原因になりますし、バンドなどの大音量の中では、部屋の壁を揺らしてしまい、気持ち悪くなってしまう、なんていうことも引き起こします。(“音が回る”という表現をします。), 逆に極端に下げすぎてしまうと、スッカスカの音になってしまい、ベースの良さは台無しです。安いギターアンプに通したような(笑)カラカラとした音で、重厚感がないサウンドになります。, また、この「V2」モデルでは、ベースの帯域も40Hz/80Hzの2モードを調整することが可能です。, 40Hzは、超低音域で、5弦ベースなど多弦ベースの演奏で低音域が出過ぎてしまうときなどに役立ちます。, 低音域を「足す」というよりかは、しっかり「コントロール」してあげる、と考えて調整していきましょう。, どんなタイプのベースを使っているか、またアンプを通しているかなど、様々な要因によって音は変わってくるので、各ツマミの性質を捉えて、音作りをしていってくださいね!, 先程までは、ボーカルのバックでも使えるような音作りをしていきましたが、スラップでベースが主張していくようなときの音作りを次は考えていきましょう。, スラップでよく使われるサウンドが「ドンシャリ」と呼ばれるサウンド。低音域でドシッとしたサウンドと高音域のシャリシャリしたサウンドを併せ持つのが特徴です。, 音作りに関しては、最終的には「好み」の部分が大きいです。たくさん音楽を聞いて、自分はどんな音にしていこうかと、そんなことに頭を悩ませるのもベーシストとしての醍醐味でもあります(^o^), ただ「好み」に沿って作ったら、それで万事オッケーなわけでもなく、バンドでやるなら「アンサンブルの中で調整する」というのも大事な視点になってきます。, サンズアンプが、チューブアンプの音を再現するために創られたように、「人気の高いサウンドを模して作る」というのはエフェクターに限らず機材界隈では盛んに行われています。, そして1994年に発売されたサンズも、もう真似される側のエフェクターなのです(笑), そんなサンズアンプのサウンドが「ZOOM マルチストンプ MS-60B」というマルチエフェクターに入っているので、比較検証してみました。, ベースに特化した52エフェクト&6アンプモデル

南大高 イオン ランチ, ルスティコ 浜松 予約, エレカシ 新春ライブ 2019, イラスト おしゃれ シンプル, 高齢者 交通事故 対策, 焼きドーナツ ベーキングパウダーなし 人気, アリエル フランダー イラスト, 読書感想文 高校生 本, 真田丸 50 Dailymotion, グリーン 星影のエール ボーカル, 花のち晴れ 動画 デイリーモーション, スクショ バレる アプリ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です